TCHのコントロール(上下歯列接触癖)

TCHを知る(歯の接触癖を知る)

TCH とは 上下歯列接触癖 (Tooth Contact Habitat )元 東京医科歯科大学 顎関節症治療部 の 木野孔司 先生 が(非機能的に上下歯列 を 接触 させる 癖)に命名した呼び方です。本来 人 の上下 の 歯 の 接触時間は 合計で、一日の中で、平均17.5分という。それより長く歯を接触させている癖のひとはが顎関節症になる人が多く、1日に2時間とか4時間とか歯を接触させていることによって、若いうちは大きく症状は出ないことがおおいが、長時間の接触によって、顎関節症、歯周病、歯の痛みにつながることが発見されました。

口を閉じているときには上下の歯が接触しているのが、当たり前だと思っている人が多く、いらっしゃいます。なかなか、外部から見えない人の口の中の歯と歯を離しているか、どうかは、みんな同じだと、思い込んでいらっしゃいます。

普段の生活のなかで、歯と歯を接触させている人は意外と多く、パソコンをしているとき、家事中に歯を接触させて、いる人が多いことが分かってきました。決してかみしめるような強い力ではありませんが、咬む筋肉や頬の筋肉にぴくぴくとした動きがみられることが、あります。接触癖があることによって、咀嚼筋のスイッチが常にonになった状態にあるということです。

TCHが起こす口腔内の様々な症状

  • 義歯の疼痛
  • 歯の慢性咬合痛
  • 歯周病の悪化
  • 充填物、補綴物の落下
  • 歯冠破折
  • 慢性口内炎
  • 舌痛症
  • 咬合違和感
  1. 顎関節症の患者さんに多くみられる癖の要素
  • 片咬み癖
  • 不良姿勢
  • 多忙な仕事
  • TCH

2.TCHのリスク分析

長期間TCHがある人は唇を閉じた状態で、歯の接触を離すと違和感を感じる

TCHの是正法上下の歯の接触と離開を数秒間ずつ繰り返す。その時咬筋や側頭筋にタッチしてもらい、歯の接触の時筋肉のスイッチがonになっていることを感じてもらいます。

札幌 TCH
このように筋肉に軽く接触しながら、上下の歯を接触したり、離したりをして、筋肉の
on offを感じとってもらいます。

札幌 TCH
open close

だんだん今歯を接触させているなと。ご自分で感じとれるようになります。

そうすると、次第にTCHが原因で起こる顎関節症も自然と痛みが和らいでいきます。

目につくところにメッセージを置きましょう。メッセージ

歯の接触を感知する練習をすることによって、だんだん接触をコントロールできるようになっていきます。身近にご自分の目に入る場所にちょっとメモ書きを置いておきます。今、歯が接触しているとわかるようになると、深呼吸して、力を抜きましょう。これで、TCHのコントロールはマスターできます。

テレビに木野孔司先生が出演さっれた番組

こちらから

顎関節症の新しい原因が言われるたびにこれで全部解決だと思う人がいますが

いつものことですが、これで何パーセントのひとが救われるという流れです。

顎関節症 は 癌 と同じで 多因子疾患 ですので、これで、今まで あった 治療法 が 全く 意味が なくなるという わけではありません。顎関節症 の 解決方法に新しい 一説が でてきて何パーセントの 人が 救われるという 流れです。 今まであった治療法 も、 有効な ひとには有効です。顎関節症の 治療 で長く臨床 をされている 先生の経験は 有効です。親知らずが 引き起こす 奥歯のかみ合わせのみだれも、大きな誘因 であることは 変わりありません。まずやってみて、 効果が 上がらない場合は、 TCHのコントロール で なおる 顎関節症の タイプではなかったということで、他の原因をお考えください。

おおつか歯科のホームへもどる
ネット予約は
電話予約は0117044617