札幌 顎関節症 東区 おおつか 歯科 正しい口の開け方のトレーニング

札幌 顎関節症 治療

札幌 顎関節症 正しい口の開け方

(側頭筋 と 下顎頭 の つなぎ の異常)Temporo Mandibular joint disorder
痛み 関節音 運動障害

顎関節症 の 代表的な 症状は,

  • あごが痛む( 顎関節 痛 )
  • 口が開かない( 開口障害 )
  • あごを動かす と 音がする( 顎関節 雑音 )

の三つが 三大兆候で、このうち一つ以上の症状があり,
鑑別 診断で他の疾患がない 病態 を「顎関節症」といいます。

顎関節症 は 以前は 噛み合わせ が 低い ことが 原因の 病気 と 考えられていましたが ,最近では 噛み合わせ の 不調和 と 顎関節に関連する筋肉 の 異常まで含めた 範囲 の病気をまとめて 顎関節症 と呼んでいます。ベロをだして下あごを前方へスライドさせるトレーニングをしましょう。

顎関節症 の 症状について,説明します,症状としては 次の ようなものがあります。

  • 口が,開きにくい, 口をあけるとき 痛い 運動 障害(例外 あり)
  • 口をあける 時 “コキッ” と 音がする(クリック音)軽症
  • 口をあける 時, ガリ, ジャリ と 音 がする(摩擦音)(雑音)重症の 可能性 あり
  • 食事をすると疲れやすい
  • 片頭痛,頭が痛い,頭が重い
  • 耳鳴り,耳の 圧迫感,耳の 閉塞感
  • 顎が ずれる 感じ 耳の 前方
  • 顎の あたりを 押すと痛い
  • 耳 の 前下方、顎の筋肉 あたりを押すと痛い
  • 慢性的 肩のこり
  • 顔の ゆがみ
  • その他,目の 奥下 が痛い、
  • 不眠 症
  • 舌 の 違和感
  • 頬骨 が いたい
  • こめかみ が 痛い
札幌 顎関節症 の 治療法

レントゲン 診査 と 歯型の 採取

    • パノラマ レントゲン 左右差 で 関節の 前後 的 ズレ、変形 が 確認 できます。
    • スタディーモデル の 採取 これが一番大切です。もとの状態がどうであったか、治療開始の原点を記録します。
    • 噛み合わせの 調整、—歯を部分的 に摺り合わせして、ひっかかりをなくす。
      スプリント—(マウスピース)をいれて噛み合わせを適正な位置に誘導して、回復をはかる。(マウスピースは違和感が、薄くて堅いものです。装着感はきわめていい。)
    • 筋肉の硬直や咬み癖をなおす.仮歯 や 仮義歯 をいれて 噛み合わせ を 確保する。
    • 投薬により ,痛みを緩和 したり, 筋肉の硬直 を 取り除く1型の 顎関節症 の患者さんには (これはかなり即効性があります。)
    • 歯の被せ直し や 継ぎ足しにて 噛み合わせ の 修正
    • カウンセリング マッサージ,運動療法
    • 開口 の トレーニング
顎関節の正しい動き方
顎関節の正しい動き方

正しい練習法で解決する 場合も非常に おおく、下あごを 前方へ 動かせてない ばかりか、舌を後ろに ひいて 口を開ける癖 の人が増えています。

札幌 顎関節症
舌を引いて口を開ける悪い癖

正しくない口の開け方

口を開けるときに舌を後ろにひいて口を開ける悪い例、歯並びと 舌先の間に 広い隙間が できてしまっている例、まず口を上手にあけるには、ベロをだす 練習からしましょう。口を開けるとき にベロを引っ込める癖があるひとは引く癖をトレーニングしてなおしましょう。

  • 歯の移動 ,矯正治療
  • 親知らず の 抜歯
  • インプラント 治療 欠損の バランスが取りにくく,義歯に嘔吐 が あって使用できない場合等
  • 他科紹介、専門的な治療 が必要な場合は他の大学病院や内科、
    心療内科の紹介もあります。
  • 転倒,事故後 の 場合 側頭骨骨折 との 鑑別診断が必要 な 場合があります。

監修 顎関節症 札幌 おおつか歯科

更に詳しい説明。

顎関節症 の ガイドライン等には 咬合を削らないと書いてありますが,20年前から,同じ事が言われてきました。20年前には
顎関節症 の 知識がないまま、やみくもに削って、しまい悪化させてしまう例が ,多少みられました。いまは,そういう 歯科医 もいなくなり, 顎関節症 の 病態も理解されて対応されるように, なりました。

80%の人は 歯を削らなくても治る.ということは,20% の人は,高くするスプリントでは,治らないということです。
長期に スプリントをして治らないのは, なぜでしょう. 噛み合わせが高すぎるか, 横にずれていることから, 起こる 顎関節症 です。
そのパターンが すべてではないですが、ガイドライン通りに 全部の歯科が咬合 を削らないと、治らない人 が、たまってきます。
それに気づいてから, 当院では何年も治らない 顎関節症 は 激減し, 短期間で 治癒するように なりました。

欧米 の 治療指針 を そのまま輸入しても, うまく 日本の 歯科 事情に 適さない のは、食生活 に 起因しています. 柔らかく 噛みやすいたべもの ばかり を たべている と,  歯並び が 平らにそろいません。凸凹になっていきます. それに 親知らず の 圧力 が くわわると, 奥歯は, 逆アーチ が もりあがり, 顎の動きを 悪くします. そういう患者さん が 最近 当院では, ふえています.

ごくまれ に 噛みすぎて,歯が減って歯のかみ合わせが 低くなってしまって 継ぎ足し が 必要な 患者さんもいます.咬耗症(数パーセント)(甲状腺との 関係も考えられている。)
あと、最近増えてきているのは、噛み締めによる。顎関節症です。どうして噛み締め がおこると。顎関節症になるかというと。スマートホン、ノートパソコンの長時間使用中に、無理な頭の姿勢によって、首周りの筋肉の
異常な、緊張をうみ、それが、歯の痛みになったり、顎関節の痛みになったり、知覚過敏になったり、様々なあらわれかたをします。

おおつか歯科のホームへもどる
ネット予約は
電話予約は0117044617

キーワード 札幌 顎関節症 口腔 外科 歯科 口が開かない 肩こり 咬み合せ 親知らず 耳鳴り

日本口腔外科学会