顎関節症 原因 親知らずのブリッジが 顎関節症の原因 だった 

顎関節症 原因

私の大学を卒業し口腔外科で研修中には、顎関節症の治療は口腔外科が専門外来で,親知らずの専門家が 顎関節症を担当していた。
感覚的に顎関節症は 親知らずを抜歯すると 半分は治ると 先輩歯科医はおしゃっていました。確かにそのころでも 低い
義歯、補綴物が原因の顎関節症もありました。
時代は進み、顎関節症 をかみ合わせに、強い補綴科の先生が担当するようになって、親知らずの抜歯を軽視する傾向が、出てきているようです。マウスピースを入れても改善しない場合、長期に治癒しない顎関節症の場合は親知らずをうたがってみるのも、一つの方法だと考えます。

顎関節症 歯並び
顎関節症 歯並び

側面からみて、完璧にならんだ咬合平面じゃないかと見受けられます。

顎関節症 親知らず
顎関節症 親知らず

顎関節症 原因 親知らずのブリッジだった

真上から模型をみてみて、びっくり、右上8が大事にブリッジの土台になっています。顎関節症の原因になる悪役の親知らずが、あたかも 7欠損のためブリッジの土台として いかにも必要不可欠の歯のように保全されているでは、ないですか?
患者さんの訴えは食事中に顎がガクッテいたくなる。肩こりがひどい、どう見ても、顎関節症の症状です。であれば、このブリッジにつかわれている親しらず、が下顎を後方へ圧迫して、顎関節の自然な前方への動きを疎外したことによる、顎関節症としか、考えられません。患者さんも、あまり歯科医を信用していない状況で、当院に来られる多くの患者さんに共通な不信感だらけの状況のなか、模型をもとに、ご説明して。ブリッジをはずして、土台につかわれている。親知らずの抜歯になりました。長年の顎関節症治療の経験から、自信はありましたが、同時に7もないことから、低くなりすぎるかもしれない。
という心配もありましたが、念のため7の必要性の説明はしておきました。

顎関節症 原因 結果

親知らずの抜歯の結果、
食事中の顎の痛みは次週には軽減しました。数か月後慢性的な肩こりもしだいに気にならなくなり、今ではかみ合わせをなおしいということで、7にインプラントを埋入して、完全な咬合再生の治療中です。

顎関節症 原因のヒント

 上顎の親知らず→下あごに後ろ向きの圧力をかける→顎関節の動きに不自然な力がかかる。→肩のこり
簡単に説明しますと、上の親知らずの存在で下顎に時計回りのトルクが発生して、咀嚼筋の異常な緊張をお越し、肩こりや、咀嚼の異常をを起こします。
 

100_0139

一番最初の写真を見ると右側から、見た模型の位置が、上の親知らずが、後方へはみでているのが、わかります。
上7番がないので、最後方奥歯の8を678のブリッジとして使われて、しまってます。

上顎8番はよほど身長のある人でない限り、安定した。かみ合わせを保つことは、難しく、多くは顎関節症や睡眠時無呼吸症の原因歯になっているような、状況です。患者さんの身長は165センチぐらいの男性でした。
migiue8after

多くの歯科医は親知らずが、予備に使用できる。とかいいますが。予備に残すこと自体が、かみ合わせの悪影響を温存する結果となっています。この親知らずを残すことによって、どれだけ長い期間、肩こりになやまされたのかと考えると、顎関節ぢ症の原因 診断は大切なことだと思います。

おおつか歯科のホームへもどる
ネット予約は
電話予約は0117044617