顎関節症 原因 舌の圧迫 内側にはりだした歯による 舌の圧迫だった

顎関節症 原因 舌の圧迫

だった

歯のの生え変わりの時期に、いつまでも乳歯が残って、永久歯が曲がった位置にはえてきて、そのまま放置
した場合、若い年齢では、体の柔軟性があるために、上手に舌をひねって、歯に当たらないようにして、食事を
していたが、常に舌をひねっているため舌骨のひねりの状態、が続き、肩こりが連続したり、顎関節がしっくり行かない事が続きます。

内傾した左下4が顎関節症の原因立った。
内傾した左下4が顎関節症の原因立った。

左下の歯が舌を圧迫して、舌にこすれるために、常に舌を後ろに引くか右ににひねって置かないと、いけない状態が、続きます。この患者さんの場合、右の顎関節症がいたいということで、49才で当院を受診されました

レントゲンを撮影後、口腔内の所見から、右下の内側に、舌に刺さるように、内傾した。歯が舌をあっぱくして、それをかわそうとする、筋肉のひねりが、右顎の筋肉の限界点にたっして、顎の動きを悪くしていると説明しました。この歯の場合歯の根っこもかなりまがっているので、矯正は難しいと判断して、神経の処置後、補綴的に、歯の方向を舌に当たらない、垂直方向に修正しました。

内傾歯の補正後
内傾歯の補正後

舌を圧迫していた歯の形態修正後、舌の位置が正常になり、
顎関節の痛みは、すぐになくなりました。顎が数ミリ左にずれていたので、その分だけ舌が右下の奥歯を圧迫していたようで、左上の奥歯の外側を一ミリほど 高くすると、下顎のセンターがあってきました。 舌がフラットになろうとする、治りのはやさも、すごいスピードなおります。今は大変調子がいいと言ってます。

舌をかばっていると無理なかみ合わせになる。

舌の居心地を悪くする歯に要注意

正しい舌位置が取れるように、歯並びを補正することで、治る顎関節症も、ありますので、こういう例は整体で治りません。歯科の受診をどうぞ

おおつか歯科のホームへもどる
ネット予約は
電話予約は0117044617