顎が外れた 札幌 おおつか歯科

顎が外れた 札幌 おおつか歯科

顎関節脱臼

外傷によって顎がハズレた場合。

バスケットボールが顎にあたって、口が閉まらなくなった。症例 1 右の顎関節が外れた場合下顎は左に2歯ほどづれます。その状態で、なかなか もどりにくい場合は、顎を一度下方へ押し込みつつ背中方向へ押し込みます。戻すさい頭を壁につけて 後ろに首がぶれないように、固定された、状態が必要です。

顎が外れた 札幌
顎が外れた 札幌

CGによる再現図です。

椅子に座って壁に頭をつけた状態で、丸椅子にすたってもらって患者さんは軽く口をあいた状態にする。その際あまり口を開けすぎないようにする。術者は、立った状態で親指を奥歯の上に乗せ、軽く下方に顎を下げつつ背中方向へ押し入れます。このとき押し戻すのは、患者さんの右の顎関節なので、術者の左手のみ押し入れます。それほど力はいりません。

大切なことは、患者さんの頭を壁につけて、ぶれない様にしてあげることと、外れている顎を一度下方へ下げつつ奥に押し戻すことです。

今回顎が外れた人は中学生でしたが、第二大臼歯が上下しっかりかみ合うまでは、一番奥の歯の支えが、無く、顎関節を痛めやすい時期ともいえますので、この時期の姿勢、には十分注意をはらう必要があると、思われます。

ホームへもどる