静脈内鎮静法 札幌 おおつか歯科 インプラント 親知らず 痛くない 麻酔法

 

静脈内鎮静法 札幌 インプラント 治療歯科
静脈内鎮静法 札幌 痛くない 無痛
静脈内鎮静法 札幌 痛くない 無痛

静脈内鎮静法 札幌 おおつか歯科では 基本的に 痛みの少ない 手術法を 用いていますが それでも
長時間緊張 を 強いられる 口腔外科手術 インプラント手術 に(静脈内鎮静法)を 取り入れています。

(全身麻酔 と 鎮静法の違い)

  • 全身麻酔 では 意識を消失させるために 患者さんの 体調に異変が起こった場合 患者さんはそれを 不快症状として 訴えることができません.したがって 血圧計 や心電図 など各種モニターから それを推測し 対処しなければならず そこで 十分な知識と技術 経験 設備が必要 となります。
  • 精神鎮静法 は 患者さんの 意識を消失 させません。つまり もし 患者さんの体調に 異変が起こった場合 患者さんは 不快症状として 訴えることが 可能であり それによって 術者は 状況を把握し 患者さんは 指示に従うことができます.
  • また.呼吸器系や 循環器系は特に抑制されず安定しています。
    そして、使用する薬剤は 少量であり、肝臓や腎臓に対する 影響はほとんど 問題ありません。
  • これらのことは 精神鎮静法が 全身麻酔に比べてはるかに 安全性の高い方法 であることを示しています。
  • 患者さんの意識は 保たれた状態 にあります。意識があると 怖さを感じるように思うかもしれませんが,中枢神経の抑制によって 思考の統合が困難になり 結果として もっと痛く なるんじゃないかという 恐怖心を つくれなくなります。
  • 鎮静法を うけた患者さんは,恐怖心や不快感といった 精神的ストレスから解放され
    穏やかな表情 を呈し リラックスした状態 になります。
  • 思考に関しては その統合が困難になり 痛み刺激にたいする閾値 が上昇して、
    体感的痛みは 軽度にかんじます 時間の経過が感じにくくなり 手術時間が
    長くても つらく感じなくなります.最近は技術の進化によって 手術時間は非常に短くなりました。
  • 健忘効果があり、これは治療における 痛みや
    不快感 疲労感を 治療後には忘れさせてしまいます。
  • 手術中のストレスが少ないせいか,力みが取れるため,手術後の痛みや,腫れは非常に少なくなっています。
  • 手術後の 患者さんの 笑顔がちがいます。
  • 当院の院長は,歯科大学卒業後 防衛医大麻酔科 口腔外科で 麻酔と手術の 研修して おりますので 安心して 手術をご利用ください。


静脈内鎮静法 歯科 から ホームへ戻る

おおつか歯科のホームへもどる
ネット予約は
電話予約は0117044617