親知らず 歯並び 硬いものを食べる習慣

親知らず 歯並び

親知らずと食習慣

親知らず 歯並び 年齢

親知らずが 成長して 第二大臼歯の 咬み合わせを 乱す場合があります。骨の成長と,歯の成長が うまくあいません.顎の成長が終わって,歯が並びきったあとから,親知らずが はえてくるので,ほとんど,十分な,あごの親知らずを並べる場所が ないところに,無理に はえてくるので,前の歯を,横に 倒したり,上に押し上げたりして 生えてきます.咬む力が弱いと,どんどん 親知らずに負けて,歯並びが くずれてきます。かむ力の強い人は、歯にひびが入って、それが虫歯になって歯が崩れてきます。そういう風にならないために、学童期に食べ物の嗜好に気をつけましょう。矯正歯科は前歯を並べるイメージが
ありますが、奥歯の並び、および奥歯を支える顎の長さが必要です。顎の発達を促すためには、どういうことが必要でしょうか、食べ物の,軟らか嗜好が 人類の進化よりはるかに 早いスピードで進んでいます.硬いものも,トレーニングと思って,食べるようにしましょう。

歯並びをよくするために、に気をつけるべき 食生活

  • 食べ物を 小さく 切り過ぎない
  • スナック菓子を 食べない
  • やわらかく 煮すぎない
  • 歯ごたえのあるものを 食べるようにする。
  • 食べやすいものと 食べにくいもの 組み合わせ
  • ながら食べをしない、食べ物を見てたべる
  • 細麺より、太い麺をえらぶ
  • 柔らかごはんより海苔巻きを選ぶ
  • ナッツ類をたべる(動物はいまだに、木の実、木の芽を食べている)
  • 野菜をたべる ごぼう ニンジン 大根
  • 肉をたべる 挽肉のものより塊の肉をハンバーグより焼肉を
  • 米をたべる 最近五穀米とか麦ごはんもおすすめです。

乾物などの 異常に 乾燥した食物は,一晩に一袋 など摂取すると
かえって 歯や顎を痛める 可能性があります。

理想的には フランスパン程度の 硬ささが おすすめです。
食パンは やわらかすぎです。

親知らず 歯並び
親知らずが押してくると,前のほうの歯が,玉突き状態で飛び出してくる場合も
あります。

残念ながら,こういうことを,子供のころしらなくて 親知らずが後ろから,前の歯をおして 生えててきた場合 早めに我慢して 親知らずを抜きましょう.無理なかみ合わせで 長く我慢していると 今度は顎の関節がに無理がかかって 磨り減ってきます.顎関節症になってみて,しらべてみると 関節が 片方磨り減ってしまっている 例もかなりあります。

親知らずを抜歯したけれども,かみ合わせが よくならない,という場合は,親知らずの前の歯が 浮き上がってしまって,戻らない場合があります.その場合はかみ合わせ調整で,標準的なたかさに,補正してあげると,調子がよくなります。

親知らず 噛み合わせ から、home,ホームへもどる

おおつか歯科のホームへもどる
ネット予約は
電話予約は0117044617