痛くしない 治療方針

痛くしない

おおつか歯科の治療方針

痛くしない 治療方針

  • 患者さんのためになる 診療をおこなう
  • 患者さんの 生活状況を優先して,治療内容を 考える,通える時間内で,診療のメドを つける。
  • 痛くしない 強引にしない。
  • きれいで 丁寧な仕事をする
  • 治療の選択肢を 説明する
  • 最新の技術を導入する,古い技術も 利用価値があれば オプションとして大事にする
  • 患者さんの話を聞く,
  • おこらない,決して ”どうして もっとはやく来てれば”など 済んでしまったことは 言わない。

 

痛くしない痛くしない 痛くしないkodomo4

痛くしない麻酔

麻酔の注射の タイミング
麻酔の注射の時の チクっとする痛み これを和らげるため 表面麻酔 という塗り薬を
使うことも 多いですが 息を吸うとき 吐くときで 痛みの感じ方が 違うので 麻酔の注射針は
患者さんが 息を吐くとき にあわせて 針が入るように おこなっています。そうすると痛くない
麻酔が 行えます。
時々 息を吸った後 ぐっと力をいれて 息を止めて 食いしばる患者さんも いらしゃりますが、
その時は 仕切りなおします。

歯茎の中でも,歯のすぐ近い部分は,痛みに対して 鈍感です.食べもの噛み砕いた ものが 直接 歯茎に よく当たる部分
ここの 部分の 知覚が 鋭いと 硬いものは 噛めません.その部分は 痛みに対して 鈍感な部分です.そこに 最初の
注射を 入れます。

最初に麻酔を注射してから,キーンという器具でアクセスするという,ワンパターンの発想をやめて,手動の器具で
優しく,虫歯の部分をかき 落として 痛みを感じない エナメル質の はりだしだけに キーンという器具を,最後に使うという、
流れを 変えることでも 心の準備が整う ことがあります。

痛くしない

おおつか歯科のhome,ホーム
おおつか歯科 インターネット予約は