歯槽骨鋭縁 入れ歯 の 鋭い痛み

歯槽骨鋭縁


ぐらぐらで痛くなった 歯を抜いていればの 床の部分が 噛むと 痛くて噛めないことが まれに あります。

  • 歯を抜く、
  • 抜いた 歯の傷口が もりあがり ふさがる
  • 入れ歯の 型をとり、
  • 入れ歯完成し、
  • 調整して 噛めるように なります。

普通はこの流れで 治療は終了しますが、

強く噛むと 刺さるような痛みがでる
人がいます 歯茎の中に鋭い 痛みがでて、
かめません いくら 痛くない入れ歯と呼ばれる シリコンの入れ歯でも
痛くて 噛めません どうしてでしょう・

原因は歯茎の下にある 骨の縁の尖りです。

歯槽骨鋭縁 歯を抜いた 後の 骨の正常な 治癒と鋭い骨のエッジが 残る 異常な状態。
歯を抜いた後 の骨の正常な 治癒と 鋭い骨 のエッジが 残る異常な 状態。

左上、左下は歯を抜いて、そのあと 正常に骨が盛り上がり、抜いた穴が 平らにふさがった
図です。これだと、強くかんでも 痛くない上体です。

右上右下歯を 抜いた後,歯茎は閉じているけど,骨が盛り上がらす,骨の鋭いエッジが 残って
いる状態,見た目は,傷跡は 閉じているけれども,鋭いエッジの部分の上に 歯茎があるため、
義歯を入れると,刺さるような痛みがあります.数ヶ月、なれるかと思ってまってみても
直らない場合,簡単な手術で,義歯下の骨のエッジの部分を丸く,加工してあげますと、
今度は,強く噛めます,手術ご一週間は縫いますので,義歯をつかわないか、
どうしても,入れなければならない場合,多めにくりぬきます。
傷口が治った,2週以降,やわらかい,緩衝材を張って,1,2ヶ月 したら
硬い入れ歯の素材に 置き換えます。

この方法で,ソフトデンチャ というシリコンを 用いなくても 硬いものが 何でも噛めるようになります。

入れ歯が痛い原因 の 一つは 歯槽骨鋭縁 で
もうひとつは かみ合わせの 問題です。

外科の先生だったら,いつも親知らずの手術でやっているので 小さい麻酔で 痛みもなく 数分で行えると思います。

おおつか歯科のホームへ

歯槽骨鋭縁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)