歯が痛くて 眠れない 昼間は痛くなかったのに 夜横になると 痛くなる。

歯が痛くて 眠れない

歯の痛みで 一番悩ませられるのは、
寝ると いたくなる。なぜ でしょう。

歯が痛くて 眠れない 歯痛

——歯が痛くて 眠れないときに 読む ページ——-

ここで 一番大事なのは 寝るといたくなる。
具体的には 横になって 心臓の位置より、歯の位置が低くなると、うずくようになる
ということです。

普段、起きているときには、歯や歯茎は心臓より上の位置にあり、歯や歯ぐきにかかる、血圧は低くなっています。
当然脳にかかる血圧も起きているときに比べると高くなります。だから脳の障害は明け方に多い。

歯や歯茎に炎症があるときに そこに 強い圧力がかかると づきづきと痛みます。
歯がいたい時に 痛い歯を下にしてうづくまると ますます。づきづきします。

なんとかねて 体をやすませないと という意識が つよくなって 必死に横になって寝ようとします。

そこで 提案です。
眠らなくちゃと あせらない。

1、歯の位置が心臓よりが低くならないように、肩から首の下に 毛布をひいて 高くする。
2、壁ソファーに寄りかかって、寝る
3、少し上半身だけおこして、痛み止めを飲む
3、親知らず周りの歯茎など口を閉じると 歯茎が刺さっていたいとき ハンカチを嚙んで 口を浮かせる
と楽になって ねれる場合が あるが 翌日は必ず 歯科に受診すること、

いずれも 応急処置で 何日もこの方法で 処置していると どんどん悪くなるので 翌日必ず受診しましょう。

同様に注意することは 歯を抜いた直後は 夜出ない限り すぐ横にならない。横になる前に 痛み止めを飲みましょう。

部分血圧ともうしまして、血圧は測る部位によって 値が変わります。体位によって変わります。
キリンさん の血圧は 200以上あるそうです。
首がながいので、脳まで血を押し上げるのには、そのぐらい必要だそうです。

もうひとつの歯が 痛くて眠れない 原因
歯の浮きです。
歯を支えている 靭帯歯の根の膜とかいて 歯根膜炎といいます。

硬いものを連続して噛んだり 重いものを持つ時 食いしばったり するとその後
急性の歯根膜炎という状態になります、
その状態で、は一箇所だけ先に当たるようになります。

そうするとますます。その歯が浮いてくるようになり、
口が閉じれなくなります。
口を閉じるとあたるので じっと歯を浮かしていなくては いけなくなります。
だんだん 口を あけておく筋肉がつかれてきて 寝ると歯があたって 痛みがはしり
おきてまた 浮かせるという 状態です。
 緊急の場合は 痛くない方の歯に 何か噛ませて浮かしておくと 楽になります。
眠ったとき 誤飲しないような大きなものが いいですね。
ハンカチタオルなど 間違っても飲み込まないようなものを 上下の
歯の間に挟んで 起きましょう。