咬みくせ 両方で 咬むって ほんと?

咬みくせ の原因

は 基本的に 歯が多いところで 咬んでいるのが 基本
咬み合せの面が 傾いていなくて 平らなところで 咬んでいます。
咬みくせ が ある人は,使っていない 側の 歯の咬み合せに 問題がかくされているということです。
意識してつかっても,問題があるところを多用するのは,ほんとに いいことでしょうか、
両方で 意識してかむ のではなく,意識しなくても 両方で咬むように 治したいものですね。

ブリッジが多いと,歯の根の 多いほうで咬むことが 多いです .ただし 歯がそろっていても 咬み合せの 面が傾いたりしていると、
反対側でかむことを 強いられていたりします。

ブリッジ
ブリッジ

ブリッジの多いかみ合わせのひとは、両方で噛むを意識すると、少ない歯の負担を増やすことに、なるので、歯の寿命を短くすることに

なりますので、両方の歯で噛もうという呼びかけをうのみしないで、ください。歯の本数がそろっている人限定のお話です。

インプラントを入れて 歯の根の数 をそろえてあげると,両方で 咬めるようになります。

インプラント による回復
インプラント による回復

インプラントを入れることによって、ブリッジなどによって一本の歯が2本分の負担を強いられていた状態から回復して、普通に噛めるようになります。

 

インプラント 以外でも 入れ歯による 治療は、歯茎に 直接重さを のせることができるので,ブリッジより 強くかむことが,できますが、
歯ぐきが やせますので,一年に一度 張替えが必要になります.義歯は固定の為 針金のバネを必要とします が それが舌に触れて 発音に障害が 出やすいのが弱点です。

入れ歯による回復 義歯
入れ歯による回復 義歯

結論からいいますと、ブリッジを入れている患者さんは、その部分を同じに噛もうとすると、歯の負担がふえて、かえってマイナスの結果になる可能性があります。

おおつか歯科のホームへもどる
ネット予約は
電話予約は0117044617