口内炎 の原因と 予防方法について

口内炎

口内炎の原因はいろいろ言われますが、上の歯と下の歯で、粘膜を噛んでしまい。炎症をおこすと、
粘膜が膨らみ、歯で傷つけやすくなって、繰り返すという仕組みです。

唇をうちに入れるクセの人もいます。

口のくせ 唇を内に巻き込む癖

唇の内側に口内炎ができやすい。

口内炎
唇を内側に巻き込む癖wの人は唇の内側に口内炎を作りやすい。一度傷を作ると、更に噛み込みやすい、痛いときは唇と歯の間にガーゼを丸めてはさんでおくと、傷つけにくい。

咬んでしまうこと

uchigawanoha内側に飛び出している歯は舌の口内炎の原因になりやすい。

食事中の会話

会話に夢中になって舌を咬む、食事中の会話は首を振らない、まっすぐ前を向いて咬む 咬む瞬間は前を向いていること 食事中のテレビはきおつけよう。よそ見して咬まない

体調が原因で起こる口内炎

唾液減少

寝不足不足

ビタミン不足

ストレス

歯並び

頬を吸うくせ

歯ぎしりによる 奥歯の磨り減り
bitekenshi2

歯がすり減ると、相対的に頬があまり、中折れしやすくなります。奥歯の高さ不足も、頬を咬んだり、舌を噛む原因になります。適正な奥歯のたかさは、肩こりの予防や、食事の歯やすさ、誤飲防止にもつながります。
適正な奥歯の高さを維持しましょう。10年以上たった入れ歯は、低くなっている可能性があります。
新しく作り変えましょう。
歯並び 飛び出している歯

ビタミン不足

長期間抗菌剤を飲んだことによる 菌抗体減少 カンジタ性口内炎

頬の張りがおとろえた

歯ブラシによる刺激
ーーーーー図

はし つまようじによる外傷

歯の磨り減り 歯の角が鋭角になる

噛み締めによって 歯が低くなる

口内炎の治療

アフタッチ
サフォライド
歯の形を丸める

おおつか歯科のホームへもどる
ネット予約は
電話予約は0117044617