仮歯の色について 色が合わない ホワイトニング 審美歯科

仮歯の色

仮歯を作る方法 基本方針

基本的に おおつか歯科では 前歯がない状態は 作りません.
土台が使える 場合大きく分けて3種類

1.今までの歯を型を取ってそこにレジンを入れて作る場合.今まで入っていた歯の型をとって,作るので 簡便につくれるのですが 上手に行わないと 型がういて 出っ歯 ぎみになったり 歯が長くなったりすることが あるので注意が必要です。型をとったアルギン酸の歯型は柔らかいので,レジンを 流しこむ時,レジンの流動性がないと。補正が必要です.前の歯より仮歯が長い、出っ歯というのは、アルギン酸の変形や歯型の浮きのためです。一般的な歯科では、型をとったのだから @前とおんなじはずだ@と信じているDrも多いようです。おおつか歯科では、前よりいい形の仮歯が入ります。
 仮歯のレジンの 色数を準備して もっていれば ホワイトニングの どの段階にも 対応できる.当院では A1という 明るい色 まで用意しています.ホワイトニングの途中で,仮の歯の色は かわらないので,審美てきに ホワイトニングしてから その歯にセラミックの歯 を合わせるためには 周りの歯がだんだん 白くなっていくので 途中歯の色が バラバラになって 綺麗にみえないので 途中 仮歯の明るさを取り替える 必要が でることも あります.最初から明るめの 仮歯を入れて それを目標に,ホワイトニングで 合わせていくというのも,よくやる方法です。

仮歯の色仮歯の色仮歯の色

仮歯の色その2

2.既製の歯を 削って 歯にあわせる方法
既製の歯で外形が できているので,比較的 きれいな仕上がりになるが 色のバリエーションが すくなかったりする.現状,便利な既製冠がA3という ホワイトニングしていない歯の色まで しか販売されていないので,色あわせに難がある.特別に,義歯用の人工の歯 を削り加工するとA2,A1まで対応できますがか なり時間がかかります。(保険外)

3.直接レジンを 歯に盛って,積み上げていく方法
時間がかかるが,こちらも A1まで対応できます.特殊な歯並び,歯の形に 特徴がある人には,この方法が使われます.土台が 使えない場合

仮歯について 次回来院のとき、割れてしまった歯を抜歯して、この仮歯が入ります。
仮の歯の完成、次回来院のとき、割れてしまった歯を抜歯して、この仮歯が入ります。

仮歯の色その3

1.両隣の歯がある場合
 一時的に隣の歯に接着して仮の歯を入れる(周りの歯がしっかりしている場合) 直接接着周りの歯が少し動く場合 裏面に溝を掘って、ワイヤーかグラスワイバーでつなぐ両隣に削れない場合 ワイヤーをあらかじめまげておいて、歯の付け根に這わせて接着して、仮歯を支えます。(2回かかる)

2.隣の歯がない 場合
 小型の入れ歯を作っ奥の方に 維持を求める。(長期に仮歯が必要になる場合.抜歯して 傷がなおるまでとか,他の歯の動揺が 強い場合にもちいられます。)あらかじめ型とりが必要になります.たとえば,当日は抜歯しないで,仮歯のための型とりをして,後日抜歯と同時に 仮歯が入るという,流れになります。

3.どうしても入れ歯はやだという場合(完全保険外)ミニインプラントを用いいて仮設の仮歯をつくる。ホワイトニング治療を行う場合、ホワイトニングの進行状態に合わせて仮の歯を作りなおして,歯の明るさを 調整していきます.
A3が大人の歯の標準
A2が乳歯の色
A1がホワイトニングを強調したいときに使う色

仮歯を最後にいれたら,イメージがぜんぜん違うと感じたひと

仮歯に使うセメントの透明度の問題が 仮歯のイメージ をべったりした イメージにしてしまい.がっかりしてしまう場合が あります。
どうしても,こだわる人には,透明な仮歯用セメントを 使用しますと.仮歯でも,審美性はかなり,保てます。(自費診療むけ)
かなり むづかしい仕事も こなします。

ホームへ戻る

おおつか歯科のインターネット予約