仮歯の色について 色が合わない ホワイトニング 審美歯科

仮歯の色

一般的に歯科医院で用意している仮の歯の材料は、即時重合レジンというもので、歯の色はA3という色が用意されていて、永久歯の標準的な色を用意しているのが、普通です。

おおつか歯科では、早くからホワイトニングを手掛けている関係で、ホワイトニング途中の人に合わせるため、A3からA2 A1までの仮の歯の材料を準備しています。タバコの吸うひとで、歯が黄ばんだ人の色に対応する材料は用意していません。

仮歯の色
仮歯の色

 

 

 

 

仮歯の色を何種類も用意しているから、安心して詰め物のある歯でも、ホワイトニングを継続して、やっていくことができます。

 

ホワイトニング前
ホワイトニング前
ホワイトニング後
ホワイトニング後

 

 

 

 

 

ホワイトニング材入りの歯磨き粉を長期に使っていると

歯が白くなるため、詰め物が目立ちます。詰め物が黒くなったと、思い違える人がおおいです。

以前は喫煙や、コーヒーの飲みすぎによって詰め物に色がつく人がおおかったのですが、最近は歯が白くなったために、詰め物が黒く見える。ことのほうが多いです。

 

 

仮歯の色その2

歯科医院で仮の歯を入れた、その日に運悪く、カレーをたべて、歯が黄色くなって、取れない、という事件があります。歯の詰め物にかんしても、起こりうることですが、歯の詰め物のレジンの重合が不十分な層があると、色が付きやすいです。レジンという材料の特性で、空気に触れた部分が、固まりが弱いとという性質です。

歯医者で、詰め物を入れたり、狩場をいれた場合は一週間は表面があんていするまで、カレー赤ワインは取らないということが、肝心です。

 

仮の歯の作り方はいろいろ作り方が、あります。仕上がりがきれいなのは、人口の歯を削りだして合わせるよう法です。

1.両隣の歯がある場合
一時的に隣の歯に接着して仮の歯を入れる(周りの歯がしっかりしている場合) 直接接着周りの歯が少し動く場合 裏面に溝を掘って、ワイヤーかグラスワイバーでつなぐ両隣に削れない場合 ワイヤーをあらかじめまげておいて、歯の付け根に這わせて接着して、仮歯を支えます。(2回かかる)

2.隣の歯がない 場合
小型の入れ歯を作っ奥の方に 維持を求める。(長期に仮歯が必要になる場合.抜歯して 傷がなおるまでとか,他の歯の動揺が 強い場合にもちいられます。)あらかじめ型とりが必要になります.たとえば,当日は抜歯しないで,仮歯のための型とりをして,後日抜歯と同時に 仮歯が入るという,流れになります。

3.どうしても入れ歯はやだという場合(完全保険外)ミニインプラントを用いいて仮設の仮歯をつくる。ホワイトニング治療を行う場合、ホワイトニングの進行状態に合わせて仮の歯を作りなおして,歯の明るさを 調整していきます.
A3が大人の歯の標準
A2が乳歯の色
A1がホワイトニングを強調したいときに使う色

仮歯を最後にいれたら,イメージがぜんぜん違うと感じたひと

仮歯に使うセメントの透明度の問題が 仮歯のイメージ をべったりした イメージにしてしまい.がっかりしてしまう場合が あります。
どうしても,こだわる人には,透明な仮歯用セメントを 使用しますと.仮歯でも,審美性はかなり,保てます。(自費診療むけ)
かなり むづかしい仕事も こなします。

おおつか歯科のホームへもどる
ネット予約は
電話予約は0117044617