インプラント ブリッジ 義歯 との比較

インプラント ブリッジ 義歯

インプラント ブリッジ 義歯

インプラント ブリッジ 義歯 との 比較

インプラント ブリッジ 義歯を右上の56番を 喪失 した例で検討していきましょう。義歯治療 のいいところは、前後の歯をほとんど削らなくても、歯型をとって、歯が入るところです。歯を支える力は、前後の歯に伝えられ、前後の歯根の力と 義歯直下の粘膜の支えによって、反対側の歯と力の均衡を保っています。強く咬みすぎると、粘膜が 痛みを感じて、それ以上咬まないようにする。セーフティー機構が働きます。

義歯は、ブリッジよりも,全体の支える力は粘膜の支える、面積分、強い結果になります。粘膜はほとんど水分ですから、パスカルの原理で、最初は均等な力に分散されて,力は 伝わります。強く沈下すると、義歯が部分的に沈下して、痛みを生じます。それは、粘膜下の骨の 凸 がある部分と義歯の端の部分に強い応力がかかり、義歯と骨の両はさみになった粘膜が、悲鳴を上げ痛み出します。長期間 続くと粘膜に炎症をきたし、靴づれのような、状態を起こします。

粘膜の部分は、可変的で、急激な 体重変動(入院、激やせ)に伴う歯ぐきやせにも、粘膜を張り替えることによって、調節 可能です。

義歯の他にはない特性は、可変性 が大きな魅力です。また、清掃性 も取り出す。ことによって,細部 まで 清掃可能 です。
義歯のもうひとつの特徴は、両隣の歯にかける針金(クラスプ)が歯の表面に張り出すということです。この張り出しによって、舌の可動範囲がわずかながら規制を受けます。しゃべりを大切にするひとには、我慢できない場合もあります。
この場合 針金を使わない入れ歯も、自費診療 によっては、何種類か可能ですので、ご相談ください。また、針金が 笑った とき に ”キラッ” と光って目立つという、審美的 な問題も起こすことがあります。
どうしても、気になる場合、針金のないタイプの義歯を製作するか、簡易ですが、針金をブラストして、つや消しにして、光らなくすることができます。

インプラント 治療
ブリッジ治療

ブリッジによる治療は、とりはずしのできない治療です。(マグネット、例外あり)
比較的くっつくもの,ガム、もち,キャラメル,ワラビもち,ハイチューなど,も咬めます。食べ物を選ばないところもあります。ブリッジは短期的には,すばらしい,快適性があります。
針金 の 出っ張りもなく,普通の歯と同じに咬める 感じがしますが,歯の根が弱っている場合など,少ない,支える歯のほうに 2倍の歯の負担が かかるので 歯の根 の 消耗 が激しいのが現状です。よく言われるのが、最初、ブリッジで10年、使えたのに今回は短かった、という意見です。
それは、最初にブリッジにしたことによって、歯の寿命の多くを使い切ったということです。根の寿命を使い切った,ブリッジは,横に倒れてきたりして,舌にあたってきたり、頬にあたってきたり,ぐらぐらしてきます。
また,ブリッジの下に 食べ物が残ると清掃がしにくく,ここで,歯科医院から,歯間ブラシを進められる,ことになります。

インプラント治療
インプラント ブリッジ 入れ歯 インプラント治療

インプラントによる治療は、歯の根 があることにより、食べ物が 歯の真下に入らなく、普通の歯のように、歯の周りに歯ぐきがあるということです。一歯に一本の歯根があることにより、力が真下に伝えられて,自然な,咬んだ,感覚がえられます.針金、人工の歯ぐきなどの、張り出し、物はなく、自然な発音、咀嚼がえられます。
審美的にも 白い歯で 回復 するので、はじめから 自分の歯があるように見えます。
味覚的 にもハイブリット セラミック などの、セラミック で治療すると.料理の味 も 良好な結果が得られます。

札幌 おおつか 歯科 home ホーム.

おおつか歯科のインターネット予約は

  1. インプラント治療——